フォトアルバム

お経ライブラリ

  • 帰三宝偈 A4 用紙印刷用

  • 本願成就文をスマホで表示

  • 本願成就文 A4 用紙印刷用

  • 重誓偈 A4 用紙印刷用

  • 讃仏偈 A4 用紙印刷用

  • 正信偈 A4 用紙印刷用

  • 阿弥陀経をスマホで表示

西宮寺で仏門との縁を語る

  • 海外からの留学生3名による法話会

NINJA ANALYZE

« 家庭法座 No.357 号 | メイン | 家庭法座 No.359 号 »

2020年2月 1日 (土)

家庭法座 No.358 号

合す掌は 寒さに負けず 温かし

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

暖冬で「降雪無し」は有り難い反面、中国で発生した「新型ウィルス」は世界中に感染者を出しています。

親鸞聖人は35歳の時、越後国国府(現在の新潟県上越市)へ流罪となりました。

流罪人は、最初の1年、米と塩が支給されますが、2年目以降は自給自足で暮らしていかねばなりません。

遅れて越後の地にやってきた妻(恵信尼)や子供たちのためにも、親鸞聖人は慣れない畑仕事に努め、およそ7年間、自給自足の生活をされました。

越後の冬の厳しさは格別で、日本海から吹きつける寒風に加えて、積雪は身の丈を越します。

そんな過酷な環境の中、親鸞聖人は片時もお念佛を忘れず、縁ある人々に「お念佛の教え」と「合掌の心」をお伝えになりました。

親鸞聖人の掌の温もりは、人から人へと伝わり、今も尚、幾千万もの人々の心の中に生き続けているのです。

当に「お念佛の感染」でありました。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no358

今月の行事案内

・常例法座 2月20日(木曜日)午前&午後

どなたでもお誘い合わせお参りください

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。