フォトアルバム

お経ライブラリ

  • 帰三宝偈 A4 用紙印刷用

  • 本願成就文をスマホで表示

  • 本願成就文 A4 用紙印刷用

  • 重誓偈 A4 用紙印刷用

  • 讃仏偈 A4 用紙印刷用

  • 正信偈 A4 用紙印刷用

  • 阿弥陀経をスマホで表示

西宮寺で仏門との縁を語る

  • 海外からの留学生3名による法話会

NINJA ANALYZE

« 家庭法座 No.358 号 | メイン | 家庭法座 No.360 号 »

2020年3月 1日 (日)

家庭法座 No.359 号

いつくしみ やさしい心 忘れずに

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

人間だけでなく、「動物」も、「植物」も、ひいては「この世に生きる全てのもの」は「如何にして自分の生命を強くするか」を抱いて生きています。

そして、より良く生き、それを「後の世に伝えるか」を懸命に考えながら生きています。

そのために「人間」も、「動物」も、働き、食べ、結婚し、子育てをするのです。

植物も、枝を伸ばし、花を開き、時には岩をも砕きながら根を伸ばします。

しかし、自分を主張することは、同時に「他を圧迫し、侵し、損う危険性」と常に同居しています。

一方、私たちは、自分だけでは生きられません。

この「自分と他者との関係」は、生きる者にとっての「最大の矛盾」なのです。

佛教の根本問題は、この「自分と他者との問題」つまり「いつくしむ心」や「やさしい心」を如何に育てるかにあります。

み仏は「この心」を修行し、「この心」を教えられました。

私たちも「この心」を忘れずに生き続けねばなりません。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no359

今月の行事案内

・彼岸会法座 3月20日(金曜日)午前&午後

どなたでもお誘い合わせお参りください

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。