フォトアルバム

お経ライブラリ

  • 帰三宝偈 A4 用紙印刷用

  • 本願成就文をスマホで表示

  • 本願成就文 A4 用紙印刷用

  • 重誓偈 A4 用紙印刷用

  • 讃仏偈 A4 用紙印刷用

  • 正信偈 A4 用紙印刷用

  • 阿弥陀経をスマホで表示

西宮寺で仏門との縁を語る

  • 海外からの留学生3名による法話会

NINJA ANALYZE

« 2020年5月 | メイン | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月 1日 (月)

家庭法座 No.362 号

これからが
これまでを決める

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

普通は、「これまで」が、「これから」を決めると考えます。

実際、「これまで」のことと「無関係な今」も、「これから」もあり得ません。

また、「これまで」のことは、決して「変えること」も、「消すこと」もできません。

従って、未来が過去を決める、つまり、「これから」が、「これまで」を決めるのです。

言葉を添えると「これからの『生き方』が、これからの『意味』を決める」とも言えます。

例えば、石につまずいて転んだ時、「どうしてあんなところに石があるの?、あの石さえなければ怪我なんかしなかったのに…」などと「愚痴のタネ」にすることがあります。

反対に「あの時、石につまずいたお蔭で、足元に気をつけて歩くようになった」と「つまずいた石」を「踏み台」に、「教訓」として生きる生き方もあります。

失敗したことも、思い通りにいかないことも、無駄ではなかったと「引き受けていくこと」です。

生きていればいろいろなことが起こります。

辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は「人生の大切な教訓」になるかもしれません。

コロナ感染が縮小するか、拡大するかは、これからの私たちの生き方が決めるのです。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no362

・常例法座 6月20日(土曜日)午後2時~3時

マスク着用の上ご参拝ください