フォトアルバム

お経ライブラリ

  • 帰三宝偈 A4 用紙印刷用

  • 本願成就文をスマホで表示

  • 本願成就文 A4 用紙印刷用

  • 重誓偈 A4 用紙印刷用

  • 讃仏偈 A4 用紙印刷用

  • 正信偈 A4 用紙印刷用

  • 阿弥陀経をスマホで表示

西宮寺で仏門との縁を語る

  • 海外からの留学生3名による法話会

NINJA ANALYZE

« 家庭法座 No.365 号 | メイン

2020年10月 1日 (木)

家庭法座 No.366 号

聴くたびに 煩悩の闇 知らされて

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

つまらぬ「おしゃべり」や「知ったかぶり」、あるいは、「自分の考えを主張」することなどは、誰でもできるでしょう。

しかし、「他人の意見」に耳を傾けることは、なかなか難しいものです。

ましてや、欠点を指摘されたり、叱られたりすると、悲しいどころか、腹の立つことさえあります。

そんな時に、「素直に反省」することが、私たちを成長させます。

偉い人は、他人から言われる前に、くり返し、くり返し、反省しているものです。

お説教は最初は「解らない言葉」も、「耳の痛いお話し」も、多いでしょう。「反発」さえ感じるかもしれません。

しかし、「耳の痛いお話し」が「心の薬」になるのです。

回(聴聞)を重ねる度に「仏さま」のこと、自分自身のありのままの「心」や「姿」が教えられて「反発」も無くなります。

逆に「大きな喜び」と「力」が湧いてきます。

仏法は聴聞に極まることです。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no366

・報恩講法要
 10月20日(火曜日)午前9時30分~午前中

マスク着用の上ご参拝ください

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。