フォトアルバム

若院 facebook

  • 若院 facebook

西宮寺で仏門との縁を語る

  • 海外からの留学生3名による法話会

NINJA ANALYZE

2019年8月 1日 (木)

家庭法座 No.352 号

我れを生み 育てし母も 今は亡し

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

暑中お見舞い申し上げます。

テレビで「ダーウィンが来た!」という番組があります。

動物や植物、鳥類、魚類の生態を克明に取材しています。

それを見て感心させられるのは彼らの「母子の愛情あふれる生き方」です。

母は子を生み、慈しみ時には身体を張って子を守る。

子は子で母の乳に吸いつき、また、くちばしを一杯に開いて餌をねだる。

母親が歩くと子が連れ添ってチョコチョコ走る。

魚でさえ母親にくっついて泳いでいる姿を見かけます。

私たち人間は、もっともっと細やかな愛情で、もっともっと長い間、親達に心配をかけながら大きくなりました。

その父も母も亡くなり、今年もまた深い思いの中でお盆をお迎えの方が多いと思います。

心からお念仏いたしましょう。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no352

今月の行事案内

・常例法座 8月20日(火曜日)午前&午後
      法話:住職&若院

どなたでもお誘い合わせお参りください

2019年7月 1日 (月)

家庭法座 No.351 号

無明ゆえ 招く破滅に 気もつかず

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

仏教では「無明」の「明」という字は「智慧」を表します。

ですから「無明」とは「無智」という意味になります。

具体的には「欲」と「怒り」、「愚痴」などの「煩悩」になります。

つまり、「自分本位の考え方」を指します。

私たちは大抵、自分を「実際以上に賢い」と思っています。

しかし、実はそれほどでもないのです。

よく考えずに言ったり、行なったりすると、しばしば失敗をします。

よく考えたつもりでも、つい自分本位の考え方が強く出たり、他人を無視していることがよくあります。

それが原因で、知らず知らずの間に自分の足下に破滅の穴を掘ることも少なくありません。

仏さまの教えをよく聴いて、自分の心の本当の姿に気付かせていただきましょう。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no351

今月の行事案内

・お盆法要 7月14日(日曜日)夜7時より

・常例法座 7月20日(土曜日)午前&午後

どなたでもお誘い合わせお参りください

2019年6月 8日 (土)

家庭法座 No.350 号

法雨もて 洗い流さむ この濁世

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

6月に入り、天候も梅雨めき、晴れ間があっても、急な雨に注意が必要となる時期になりました。

こうした「梅雨空の不安定な空模様」は、まるで「人間の心」や「姿」をそのまま象徴しているかのようです。

連日のように発生する「事故」や「事件」、「犯罪」の数々ですが、「痛ましい記事」を目にしない日はありません。

決して「他人事」ではなく、「交通事故」に限らず、いつ何時、「事件」や「犯罪」に巻き込まれて「被害者」になるかもしれない身です。

また、「間違い」や「過ち」を犯さないとも限らず、何かの拍子で「加害者」になることだって有り得るのです。

まさに、「愛憎が渦まく世の中」であり、ちよっとした偶然にも翻弄される「頼りない私たち」です。

常に「み仏の智慧」と「慈悲」の「み法の雨」で、この世の穢れを洗い浄めたいものであります。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no350

今月の行事案内

・常例法座 6月20日(木曜日)午前&午後

法話:歎異抄の心(住職&若院)

どなたでもお誘い合わせお参りください

2019年5月 1日 (水)

家庭法座 No.349 号

手を合わす 幼子の眼も 輝きて

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

新天皇が即位され「令和元年(西暦2019年、佛暦2562年)」が始まりましたね。

ただ、これからどれほど「元号」が変わろうとも、「阿弥陀如来さまの救い」が変わることはありません。

さて、「胎教(たいきょう)」という言葉があります。

妊娠中の女性が美しいものを見聞きし、修養に努めると、お腹の子に「その感化が及ぶ」という考え方です。

そこには「感情豊かな子供に育ってほしい」との「親の願い」が込められています。

近年、子宮内の胎児は「聴覚」ばかりでなく、「視覚刺激にも反応する」といった研究事例もあるようです。

胎内で「母親の声」ばかりでなく、「母親の一挙一動」をも目で追いながら、成長していっているようです。

胎児への母親からの影響の大きさは計り知れませんね。

そうしたことからも、妊婦がお仏壇を荘厳し、勤行し、お念仏を申すことは、胎児へ「いのちの安心」を伝えることに繋がります。

聞こえるか聞こえないか、見えるか見えないかに関わらず、すでに意味のあることです。

こうして「胎教」でも「仏縁」に育まれた子は、将来、きっと、「大きな幸せ」に恵まれることでしょう。

手を合わす「子供の目の輝き」の素晴らしさを想像すると、微笑まずにおれません。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no349

今月の行事案内

・永代経法要 5月20日(月曜日)午前&午後

講師:御給専福寺(大野市)住職 関 哲城 師

どなたでもお誘い合わせお参りください

2019年4月 1日 (月)

家庭法座 No.348 号

新時代 心に咲かせ 法の花

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

先日、「平成」に代わる「新しい元号」が発表され、来月から始まる「新しい『和暦』の幕開け」に、とてもワクワクしています。

また、この「新元号」の「令和(れいわ)」は、史上初めて「国書」から、しかも「万葉集」から選ばれたとのことで、心も踊ります。

海外の報道では、「令」を『秩序』と、「和」を『調和』と伝えているところもあるようです。

ただ、外務省では、「令和には『美しい調和(beautiful harmony)』といった意味が込められている」と説明しています。

新しい『和暦』の基では、きちんと「元号の意味」を踏まえ、「秩序正しく、調和のとれた生活」を目指して生きていきたいものですね。

いよいよ「改元」が目前に迫り、今上天皇は「上皇」となられ、皇太子殿下が「天皇」に即位されます。

感慨も一入ですが、30年続いた「平成」という時代を、皆さんはどのように記憶に留められるでしょうか?

西宮寺の「家庭法座」の案内ハガキも「平成」と共に生まれ「満30年」を、今月で「348号」を迎えます。

今日まで「葉書伝道」を続けてこられたのは、「仏祖」と「皆さん」のお蔭と感謝しています。

ただ、ただ、皆さんの心に「仏法の花」と「念仏の華」を咲かせて欲しい一心でした。

これからの「新時代」にも思いを馳せ、「尊いみ教え」を伝えるために「葉書伝道」を続けて参ります。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no348

今月の行事案内

・常例法座 4月20日(土曜日)午前&午後

どなたでもお誘い合わせお参りください