フォトアルバム

若院 facebook

  • 若院 facebook

西宮寺で仏門との縁を語る

  • 海外からの留学生3名による法話会

NINJA ANALYZE

2017年3月 1日 (水)

家庭法座 No.322 号

怨みには 怨みを以て するなかれ

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

人間は「自分が他人に対して行った親切」は忘れないが、「他人から蒙ったご恩」は忘れがちです。

また、他人に危害を与えても気が付かないのに、他人から受けた迷惑は、いつまでたっても執念深く憶えているものです。

憶えているだけならともかく、何かにつけてそれを口にし、仕返しをしようとする人も世の中にはあります。

なかなか「怨みは水に流せ」と言っても無理かもしれませんが、仕返しには必ず仕込しが返って来て、醜い争いは絶えません。

この「永遠の争い」を止める道は「怨みがあっても、仕返しをせぬこと」だと「み仏」は教えてくださっているのです。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no322

今月の行事案内

・彼岸会法座 3月20日(月曜日)午前&午後

どなたでもお参りください。

2017年2月 1日 (水)

家庭法座 No.321 号

み仏の お慈悲の前に 貴賤なし

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

貴は「尊い」こと。賤は「卑しい」こと。

尊も、卑も、無いということは、「上下の区別が無い」ということです。

み仏は、私たち一人一人を、まるで「我が子」のように慈しみ、育くんで下さいます。

それが「み仏の慈悲」なのです。

み仏は、「お金持ち」と「貧乏人」とを差別されません。

また、「地位の高い人」と「低い人」を分け隔てされることもありません。

そして、「賢い人」と「愚かな人」を区別されることもありません。

それら全ての人々の上に、等しく同様に、大きな大きな「み仏のお慈悲の光」が降り注いでいるのです。

私たちは、みな兄弟です。

兄弟だと思わぬ兄弟ほど、不幸な兄弟はありません。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no321

今月の行事案内

・常例法座 2月20日(月曜日)午前&午後

どなたでもお参りください。

2017年1月 1日 (日)

家庭法座 No.320 号

初春や 清浄き光に 包まれて

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

謹賀新年

平成29年が明けました。今年も宜しくお願い申し上げます。

さて、私たちは「煩悩具足の凡夫」で、その心中は「欲」や「嫉妬」、「慢心」で一杯の身です。

有り難いことに、そんな「煩悩具足の凡夫」は、そのまんま「仏さまの清浄な光」に包まれている身でもあるのです。

今、新春に当たって、この身を「晴れ着」で包むと、心身共に引き締まり、清新な意欲のみなぎる思いがいたします。

こうして、着る服によって「人の心」に影響も与えますが、それが、ひとたび、この「凡夫の身」を「み仏の光」が包むとなると、「罪深い心」までが「煩悩の世界」を離れ、「仏の世界」へと出入りするようになります。

そして、「心は浄土に遊ぶ」こととなるのです。

今年も、この「凡夫の身」を包んでくださる「み仏の光」を仰ぎ、喜びつつ、私たちは力強く、気高く、生き抜きたいものであります。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no320

今月の行事案内

・元旦会   1月 1日(日曜日)午後2時より
・御正忌法座 1月20日(金曜日)午前&午後

どなたでもお参りください。

2016年12月 1日 (木)

家庭法座 No.319 号

み教えに 導かれつつ 早や除夜会

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

今年も早や大晦日、除夜会が近づきました。

この一年は、ほとんど世界中が荒れました。

欧米先進国もテロ騒ぎが続発し、地中海東部からアジア西部の各国やアフリカ内部の内乱、政権不安定もありました。

加えて、日本では熊本、鳥取、和歌山、福島の地震や各地の異常気象などもありました。

もはや、「平和」といえる「国」や「地方」はありません。

また、多くの貧困幼児の社会問題など、文明文化が進むほどに、昔では考えられなかった凶悪惨事が増えてくるような感じがいたします。

その中で、私たち一人一人の心の生き方はどうでしょうか?

今こそ、真実の仏法を聞いて、自らの「生と死の意味と方向」を知ることです。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no319

今月の行事案内

・常例法座 12月20日(火曜日)午前&午後
・除夜会  12月31日(土曜日)午後3時より
・元旦会   1月 1日(日曜日)午後2時より

どなたでもお参りください。

2016年11月 1日 (火)

家庭法座 No.318 号

世の悪は 身から口から 意から

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

鎌倉時代の後期に書かれた「歎異抄(たんにしょう)」には「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界」というお言葉があります。

この「お言葉」は、「欲、憎しみ、嫉み、驕りなどの悪を一杯背負った人間は、火で燃えている建物のように危険で、はかない不安な世の中」というほどの意味でありましょう。

確かに、私たちが現にこうして暮らしている「世の中」は、はかなく、危険も一杯です。

しかし、よくよく考えてみますと、多くの場合、交通事故も人間が、火災も人間が起こします。盗難も人の問題です。

さらに「戦争」を始めとする「あらゆる争い」も、皆、「人の心のゆがみ合い、言葉の行き違いから始まる」と言えましょう。

この「火宅無常の世界」は、実は「煩悩具足の凡夫」が造り出しているようです。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no318

今月の行事案内

・常例法座 11月20日(日曜日)午前&午後

どなたでもお参りください。