フォトアルバム

若院 facebook

  • 若院 facebook

西宮寺で仏門との縁を語る

  • 海外からの留学生3名による法話会

NINJA ANALYZE

2017年10月 1日 (日)

家庭法座 No.329 号

聖人の ご苦労偲ぶ 報恩講

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

幼くしてご両親と死別された親鸞聖人は、9歳で出家得度をされ、その後、約20年間にわたって比叡山で仏道修行に励まれました。

29歳で「念仏の法門」に入られ、35歳から60歳を過ぎる頃まで、家族と共に、越後や関東の地で「他力念仏の教え」をお広めになりました。

そして、84歳から85歳頃まで、沢山の書物を書き残され、後の世の私たちをお導きくださっています。

今、世の中は、一見すると「平和」で「繁栄」しているように映りますが、これほどに「人心が荒廃した時代」はありません。

それは、皆が「我利我利亡者(がりがりもうじゃ)」だからです。

そんな世の中だからこそ、私たちは「自利利他」の「お念仏の心」をいただき、「本当に立派」と言える人生を歩まねばなりません。

私たちのために90年のご生涯をご苦労くださった「親鸞聖人のご恩に報いる仕方」、それが「報恩講」であります。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no329

今月の行事案内

・報恩講法要   10月20日(金曜日)午前&午後

親鸞さまのご法事です。

どなたでもお参りください。

2017年9月 1日 (金)

家庭法座 No.328 号

この身にも 寄り添い給う 弥陀仏

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

9月は「彼岸会」の月です。

この「彼岸会」とは、「仏の世界(彼岸)」に心を向けながら、「み仏の教えを聴く集い(会)」という意味になります。

この「み仏の教え」は、寺院へ参詣した際に聴かれることもあるでしょうし、墓参の際に聴かれることもあると思います。

そして、寺院へ参詣した際でも、墓参の際でも、最も大切なことは、「み教えを聴く時の心構え」になります。

いい加滅な気持ちで「他人事」として聴くのではなく、「我がため」と真剣に聴かねばなりません。

こうして「彼岸会」などの「催促」でもなければ、日頃、私たちは、み仏のことを、つい忘れ、怒ったり、泣いたりしてしまいがちです。

ですが、み仏は、いつも、私たちに寄り添っていてくださるのです。

そして、み仏は、憂うことも、悲しむことも、ありません。

み仏は、すでに、今、ここに、居られるのです。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no328

今月の行事案内

・彼岸会法要   9月20日(水曜日)午前&午後

身を正し 心を正して 聴くみ法

どなたでもお参りください。

2017年8月 1日 (火)

家庭法座 No.327 号

紺碧の 海より深し 弥陀の慈悲

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ここ福井でも、相次いで「海開き」が宣言され、「浜茶屋(海の家)」も軒を連ねて営業を始め、本格的な海水浴シーズンが到来しています。

天候にも恵まれた休日ともなりますと、海水浴場では、家族連れや若者など、多くの海水浴客で溢れかえります。

そんな「夏の海」を心待ちにする皆さんと同じように、都(京都)育ちの「親鸞聖人(浄土真宗の宗祖)」も、海に魅了された一人でした。

ただし、「水泳」や「日光浴」などを楽しむための「海」としてではなく、「海の持つ作用」に特別な関心を寄せられたのです。

親鸞聖人は、穏やかな海、荒れ狂う海、様々な「海の姿」と対面し、汚濁も、善悪も、清浄へと転じられる様を重ねられたのでしょう。

そして、「弥陀の慈悲」に目覚めることで得られた「救いの感動」を、次のように「海」に喩えてお喜びになったのだと思うのです。

生死の苦海ほとりなし ひさしくしづめるわれらをば
弥陀の弘誓のふねのみぞ のせてかならずわたしける
              (高僧和讃、註釈版579頁)

親鸞聖人は、「海」に留まらず、「野」にも、「山」にも、至る所で、「み仏の広大なお慈悲」を感じられたようであります。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no327

今月の行事案内

・夏の特別法座   8月20日(日曜日)午前&午後
 ご講師:長田智真師(真宗誠照寺派 願生寺 ご住職)

どなたでもお参りください。

2017年7月 1日 (土)

家庭法座 No.326 号

無眼人はみな 光明も知らず 生命尽く

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

仏教で「悪人の象徴」として登場する「ダイバダッタ(提婆達多)」という人物があります。

この「ダイバダッタ」には「神通力」までも備わり、「非常に優秀な人物」なのですが、大変に「自惚れ(うぬぼれ)の強い人物」でもありました。

やがて「ダイバダッタ」は、「自分はお釈迦さまの弟子の誰よりも優れている」と驕り高ぶり、権力の座を狙って「お釈迦さまの殺害」と「教団の乗っ取り」を企てます。

こうして「争い」を望んだ「ダイバダッタ」は、「無間地獄」へと堕ちていってしまうのです。

自惚れは「自分を省みる眼」や「人を見る眼」、「仏を仰ぐ眼」をも覆ってしまう恐ろしい病気です。

自分を深く省み、生命ある限り「仏の徳を仰ぐ日暮し」をさせていただくことこそ、真実の幸福への唯一つの道なのです。

当に「仏法は聴聞に極まることなり」でありました。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no326

今月の行事案内

・門徒総会、懇親会 7月 9日(日曜日)午後5時より
・墓参会法要    7月14日(金曜日)午後7時より
・常例法座     7月20日(木曜日)午前&午後

どなたでもお参りください。

2017年6月 1日 (木)

家庭法座 No.325 号

生きる価値 生きる意味知る お念仏

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

日本における自死率は高く、世界的な基準でカウントすると、年間に五万人を超す方が自ら命を絶っているようです。

大変な数ですが、自死者ばかりでなく、事故や病気、はたまた、凶悪なテロや殺人などで、多くの尊い生命が失われています。

私たちの「生命」は、何よりも先ず、両親から賜り、育てていただいた「生命」です。

賜ったものは、どんな物でも、自分勝手な都合で奪ったり、壊してしまってよい筈がありません。

授かった「生命」だからこそ、「大切に、一日も長く」との願いが込められています。

み仏は、「ひとつしか無い生命なのだから、懸命に、立派に生きよ」と、教えてくださっています。

仏法とは、「立派に生き抜くための教え」なのです。そのみ数えを、み仏の前で、お念仏しながら聞きましょう。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no325

今月の行事案内

・常例法座 6月20日(火曜日)午前&午後&夜

どなたでもお参りください。