フォトアルバム

若院 facebook

  • 若院 facebook

西宮寺で仏門との縁を語る

  • 海外からの留学生3名による法話会

NINJA ANALYZE

« 家庭法座 No.348 号 | メイン | 家庭法座 No.350 号 »

2019年5月 1日 (水)

家庭法座 No.349 号

手を合わす 幼子の眼も 輝きて

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

新天皇が即位され「令和元年(西暦2019年、佛暦2562年)」が始まりましたね。

ただ、これからどれほど「元号」が変わろうとも、「阿弥陀如来さまの救い」が変わることはありません。

さて、「胎教(たいきょう)」という言葉があります。

妊娠中の女性が美しいものを見聞きし、修養に努めると、お腹の子に「その感化が及ぶ」という考え方です。

そこには「感情豊かな子供に育ってほしい」との「親の願い」が込められています。

近年、子宮内の胎児は「聴覚」ばかりでなく、「視覚刺激にも反応する」といった研究事例もあるようです。

胎内で「母親の声」ばかりでなく、「母親の一挙一動」をも目で追いながら、成長していっているようです。

胎児への母親からの影響の大きさは計り知れませんね。

そうしたことからも、妊婦がお仏壇を荘厳し、勤行し、お念仏を申すことは、胎児へ「いのちの安心」を伝えることに繋がります。

聞こえるか聞こえないか、見えるか見えないかに関わらず、すでに意味のあることです。

こうして「胎教」でも「仏縁」に育まれた子は、将来、きっと、「大きな幸せ」に恵まれることでしょう。

手を合わす「子供の目の輝き」の素晴らしさを想像すると、微笑まずにおれません。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Houza_no349

今月の行事案内

・永代経法要 5月20日(月曜日)午前&午後

講師:御給専福寺(大野市)住職 関 哲城 師

どなたでもお誘い合わせお参りください

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。